ギャップがたまらない!熟女風俗を心の底から楽しむためには?

サイトマップ

Mature woman manners and customs

雄琴の熟女風俗の今

雄琴という地名をご存じの方も多いと思います。昔は「雄琴駅」だった駅名も、今や「おごと温泉駅」だ。何故駅名を改名したかと言えば、地元の温泉街の必死の願いが裏にあるのです。雄琴と風俗との関係は古いです。
昭和41年の風俗営業法改正により、滋賀県は雄琴の一角を特殊浴場禁止除外区域に指定されました。つまるところ、雄琴の一角への風俗産業の進出を後押ししたのです。おかげで雄琴は歓楽街となり、「雄琴」といえば「滋賀を代表する風俗街」となったのです。雄琴の温泉街にとってはそんなイメージはたまったものではないです。家族向けを意識して旅館の名前を変えたりして、風俗街からの脱却を図りました。その一環が、雄琴駅の改名というわけです。駅の改名効果は絶大で、今や「雄琴」の風俗街としてのイメージは薄れました。とはいえ、未だに雄琴には風俗店が多くあり足繁く通う男性も少なくないです。
雄琴に未だ残る熟女風俗には、どんな店があるのでしょうか。ある風俗店は、ホームページがしっかりしています。ホームページを見る限り、なかなか綺麗な熟女が在籍しています。50分コースで2万円というから、料金は相場の内です。パネル指名・顔出し無しで、カルテにより相性の良い人妻を選んでくれる店もあります。60分で3万円。なかなか面白い趣向です。地元の温泉街の方々には申し訳ないですが、一部男性にとっては雄琴はまだまだ、歓楽の街です。できればこのまま、歓楽街と温泉街が共存する街であってほしいです。

安全安心を諭吉が保証している

「当店では、女の子に定期検査を義務付けております。」風俗店のホームページを見ると、よくこんな文言を目にします。よく目にするのというのは誤りで、ホームページをずっと下の方まで見ると、さりげなく書いてあります。このさりげなく書いてある一言だが、実はものすごく大事です。最近、性病の一つである「梅毒」の患者が急増しています。原因は言わずもがな性交渉でありますが、感染原因として風俗店は考えられる一つです。しかし私はここで、「風俗店は危ない」などと言うつもりは毛頭無いです。…

Copyright © 2017 ギャップがたまらない!熟女風俗を心の底から楽しむためには? All Rights Reserved.